■ オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 将棋・畳の部屋 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
■ 将棋・畳の部屋
■ カレンダー
前月2017年 4月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<今日>
■ ログアウト
■ ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
トップ  >  神武以来の天才「加藤一二三  >  神武以来の天才 加藤一二三

加藤一二三
(かとう ひふみ、1940年1月1日 - )将棋棋士。実力制6人目の名人。棋士番号福岡県嘉穂郡稲築村嘉麻市出身。剱持松二南口繁一九段門下)。現役棋士生活53年超は歴代1位であり、なおも更新中である。聖シルベストロ教皇騎士団勲章受章(1986年)。紫綬褒章受章(2000年)。 
 
この人「神武以来の天才」と呼ばれているようですが、やはり天才となんとかは紙一重と 思える一面を持っている。というかこの人は面白すぎ!。中学の時よく見ていたNHK杯戦で笑っていたものである。

 
伝説、その一
「あと何分?」
必ずと言っていいほど1分将棋になると毎回、記録係りに「あと何分?」と聞き、記録係も淡々と「時間ありません」と答えていた。
伝説、その二
長いネクタイ?
なぜかこの人ネクタイが異常に長いんですよね!ゲンを担いでいるのかそれとも天才にしかわからない何かあるのか?
伝説、その三
空せき
いよいよ終盤に入ると相手が一所懸命考えている最中に必ず空咳をはじめて妨害工作を始める。高等戦術か?
伝説、その四
棒銀大好き!
この人は矢倉でも対四間飛車のときでも必ず棒銀の一本やり。羽生さんはわざと四間飛車に指したときも棒銀を指して見事に玉砕してます。
伝説、その五
加藤一二三九段の二度指し
CS放送の銀河戦で待ったをして銀河戦出場停止となる。


伝説、最終章
加藤一二三が、自宅マンションの近隣住民から損害賠償を求める訴えられる。


投票数:6 平均点:10.00
カテゴリートップ
神武以来の天才「加藤一二三